人口の超高齢化が進展するなか、一人暮らしの高齢者や老老介護、障がい者の高齢化など、地域社会には様々な困難を抱えている人々がいます。
 
日本ではこれまで、介護保険サービスや障害福祉サービスは次第に充実してきましたが、それだけでは高齢者や障がい者は地域で生活していくことはできません。一方で、社会保障財源や介護人材の不足は深刻化しつつあります。

これからは、行政やボランティアだけでなく、ソーシャルビジネスの観点から地域の民間事業者も一体となって真の地域包括ケアの仕組みを築いていくことで、持続可能な福祉社会を実現していく必要があります。
 
さかい市民ネットは、NPOの立場から超高齢社会の地域課題に挑戦し、超高齢社会における介護保険及び障がい福祉サービスを必要とする人々の生活向上に貢献したいと考えています。そのために、「プラチナタウン研究会」と、宅老所研究会の2つを軸に活動しています。皆さんのご参加をお待ちしています!

誰もが住み慣れたところで暮らせるために
ソーシャルビズネスができること・・・

宅老所・サロンの運営支援
イベントを支えるスタッフ
地域住民も参加する”そうめん流し”
”餅つき大会”
研究会の開催
シンポジウムの開催

SERVICE

 
/
 
 
 

準備中!